【レビュー記事】セーフブルー セルフスティックを実際に使用した感想

今回は、自分の「手」で前立腺やGスポットを刺激するセーフブルーシリーズの「セルフスティック」をレビュー致します。

メスイキポイントは「自分で掘り当てろ」

ハンズフリーで楽しむ「アネロス製品」や「電動アナルバイブ」とは違う、己の感覚で快感を得る今までに無いアナルグッズとなってます。

自分で動かすのは、アナニーに集中出来ない!とデメリットのように感じるかも知れませんが「心配」にはお呼びません。

なぜなら「自分で動かす」事に「最適化」された形状をしているからです。

自分で動かす事に最適化されたデザイン
この記事で分かること

セルフスティックの商品内容

他アナルグッズとの比較

実際に使用した感想

この記事を書いた人
r-e-d777

<プロフィール>

  • メスイキしようぜ運営者
  • アネロス製品を中心に多数のアナルグッズを実際に使用
  • アネロス公式HPにコラム掲載

掲載コラムはこちら

目次

セルフスティックの紹介

この商品最大の特徴は「自分で動かす」です。己の手で「気持ちいい」部分を探り当て刺激します。

当たる角度・刺激の強さ全て自分で調節出来るのは良いですよね。もちろん、コントロールしやすい考え抜かれたデザインとなってます。

価格もお買い得で、2022年5月現在 アダルトグッズショップ「NLS」で税込2,618円となってます。

図は女性用ですが「男性」も使えます

また、男女どちらとも使える「ユニセックス」デザインです。

■事前知識として知ってほしい メーカーと開発コンセプト

メーカーは「エーワン」というアダルトグッズメーカーと総合卸しをしている会社さんです。

オリジナル商品紹介ページ|A-ONE ONLINE SHOP(エーワンオンラインショップ) (a-one-tokyo.com)

その「エーワン」の手掛けるシリーズの中に「SAFE BLUE」シリーズと言うカテゴリーがあります。

今回紹介の「セルフスティック」はメーカー「エーワン」の「SAFE BULE」シリーズの一つとなります。

https://www.a-one-tokyo.com/goods/safeblue.html

SAFE BULEシリーズとは?

緊縛事故防止の教育・啓発を行うNPO法人BDSMセーフティサポート協会代表のカリスマ緊縛師「青山夏樹」が「安心・安全で気持ち良く」をコンセプトに、プロデュースされたアダルトグッズシリーズ。

「安心・安全」をコンセプトに業界のプロが開発した製品です。ただの「ジョークグッズ」とは違うのが分かります。

それでは製品の素晴らしい「コンセプト」をご理解頂けた所で下記商品紹介致します。

調教には「やさしさ」も必要なのです

■セルフスティックのサイズ

手でコントロールしやすいように、本体の長さが約25.5cmと結構あります。最初手にした感想は「結構大きいな・・」でした。

出典:アダルトグッズショップNLS

しかし、実際に使ってみるとストレスなく手でコントロール出来るサイズでした。

これ以上小さくても・大きくても「ダメ」な本当に考え抜かれたサイズです。

以下、他のアナル挿入グッズとのサイズ比較写真です。

100円玉とのサイズ比較写真

アネロス「ヒリックストライデント」とのサイズ比較写真

セルフスティック「長さ」はありますが「先端部」は細めなので、アナル挿入は簡単そうです。

ディルドとのサイズ比較写真

写真で比較してみると、セルフスティックは「ピンポイント」で前立腺刺激出来そうです。

■先端部の感触や硬さの紹介

写真赤丸内の「ブルー」の箇所、アナル挿入部分はシリコンコーティングされており、非常に肌触り良く出来ています。

また、硬さも「硬質ゴム」のような硬さでプラスチックのような「カチカチ」の硬さではなく、弾力性のある硬さとなってます。

柔軟性のある先端を証明する写真です。

さすが「SAEF BLUE」シリーズ 体に優しい作りとなってます。

逆に「柄」の方は硬いプラスチック素材となってます。

手でコントロールする「柄」だけでなく、こちら側も「アナル挿入」出来ます。

アナルほぐしであったり、「感じ」を変えてプレイしたい時に有効です。

1本で2度美味しい、素晴らしいアイテムですね♥

アナルが疼くわ・・・

セルフスティックの基本的使い方

先端をアナル挿入したら、先端部が前立腺に当たるように「柄」を動かします。

まずアナル挿入します。

アナル挿入後「先端が前立腺に当たるように」柄を動かします。

先端が前立腺に当たると「強烈な快感」が体を突き抜けるようになってます。

ああっ・・精子が漏れちゃう・・・

実際に使ってみた感想

結論から言いますと「非常に良かった」です。

このピンポイントでの前立腺刺激の快感は「今までのグッズでは」味わうことの出来なかった、非常にハッキリとわかりやすい「快感」でした。

私の感覚では、「あっっ」と思わず声が漏れる快感と腰回りから背中に快感が走るイメージです。

セルフスティックでドライを初めて体験したと言う書き込みは「嘘ではない」と身をもって感じました。

興奮した私は、スティックを声を出しながらスティックをこねくり回し、快感の波に浸るのでした。

セルフスティックの良かったところ
  • 挿入部が太くないため、アナル挿入に負担が少ない
  • 先端の肌触りが非常に良くアナルに優しい
  • ピンポイントで刺激してくれるため「快感度が強い」
  • 「柄」の部分もアナル挿入出来るため幅広いプレイが出来る
  • 価格がリーズナブル(税込3,000円以下)
セルフスティクのデメリット
  • 手動のため、ついつい「力」が入ってしまい、プレイ後も「余韻」が強く残った。 体に負担の無いプレイを意識しなくてはいけない・・・

ジョークグッズと言われる種類の中では「トップクラス」のデバイスと思います。

しかし、刺激がピンポイントなのと「手動」の為、ついつい力が入ると、体への負担が大きいと感じました。

強烈に「メスイキ」したい感情の中で「体への負担」も考慮する事が必要です。

ただしこれだけは「ハッキリ」と断言できます。

3,000円以下で買えるデバイスの中では「NO1」と言う事です。

快感の強さと「SAFE BLUE」コンセプトによる「体に優しい作り」低価格ジョークグッズにあるような粗悪な部分は一切ありませんでした。

未経験者や初心者さんへは「アネロス」が一番オススメですが、コスパの良いグッズを探しているのなら「セルフスティック」は非常にオススメです。自信を持って断言致します。

セルフスティックでメスイキしようぜ

購入は安心と信頼のアダルトグッズショップ「NLS」がオススメです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次