【ユーザーが語る】ネクサス・レボ・ステルスWPでメスイキする方法

今話題のアナルバイブ「ネクサス・レボ・ステルスWP」でメスイキする方法を紹介致します。

ネスサス・レボ・ステルスWPの商品詳細は別記事で書いてますので気になる方はご参照下さい
●関連記事

あわせて読みたい
メスイキプレーヤーの「ネクサス・レボ・ステルスWP」レビュー|感想とメリット・デメリットおよび口... 至極のアナルバイブ! として、アナニー界でその名轟かせている「ネクサス・レボ」シリーズ。 アナルオナニー(通称:アナニー)に強い興味のある方や、アナニープレイ初...
目次

ネクサス・レボ・ステルスWPでメスイキ出来るのか?

そもそも「ネクサス・レボ・ステルスWP」でメスイキ出来るのか?と言う大きな疑問があると思いますのでお答えいたします。

結論から言いますと「出来ます」

実際に使うととても気持ちイイです・・

繊細なアネロスメスイキとは違う破壊的で刺激的なメスイキ体験がネスサスレボステルスWPでは可能です

それでは何故ネクサス・レボ・ステルスWPでメスイキ出来るのか・・理由とメスイキに至るやり方を紹介致します。

ネクサス・レボ・ステルスWPでメスイキ出来る大きな理由

pixabay Victoria_Borodinova

メスイキ出来る大きな理由

  1. 前立腺刺激を的確に行える本体形状

  2. シリコンコーティングで肌触りが非常に優しい為、挿入しやすく挿入後のハンズフリーでの直腸内の動きが良い

  3. 強力な振動機能が男性の会陰部を強く刺激

  4. 本体先端が直腸内をこねくり回す様にスイング動作するため、非常に強い前立腺刺激を味わうことが出来る

  5. 「私アナルにバイブを入れている」と言う背徳感や羞恥心 精神的な事ですがM男感性に大きく作用致します。

「形状」「素材」「動作」「精神的な影響」とメスイキさせる為の完璧な理由があるのです。

ネスサス・レボ・ステルスWPを使ってメスイキする具体的なやり方

下記の項目に意識し、ネスサス・レボ・ステルスWPでアナニープレイすることをご紹介致します。

本体が太い為 アナル解しは入念に行う必要があります。

本体が先端3.5cmと太い為、しっかりアナルを解しておかないと、挿入時に痛みを感じて快感を得ることが出来ません。アナルはしっかり解しましょう。

いきなりバイブやスイング機能を使わない。

バイブ機能やスイング機能から来る快感は破壊的で強力です。スイッチ・オン後即「射精」してしまう恐れがあります。

ネクサスレボステルス本体の形状が良く出来ていますので、未通電状態でもセルフで良く動きます。

まずは、未通電の状態でネクサスレボステルスWPの前立腺刺激を堪能しましょう。

アナル筋肉の緊張と弛緩でネクサスレボステルスWPをセルフで動かす

簡単に言うと、肛門を締めたり緩めたりする事でハンズフリーでネクサスレボステルスWPをセルフで動かせます。

その太さと先端形状が前立腺を刺激

未通電でも十分気持ちいいですよ♪

未通電でネクサス・レボ・ステルスWPを堪能したらいよいよ通電

未通電でも挿入されたネクサス・レボ・ステルスWPに意識を集中すると、かなりの快感が得られたと思います。

ここまでの状態で、軽くメスイキ出来ているのが理想形です。

気分が十分高まった状態でまずは「振動」からスイッチ・オン

アナルにバイブをぶち込まれた上に、振動で快感を感じる女の子になりきりしっかり声を出してその快感に酔いしれましょう・・

最後にスイング機能をオンにする

このスイングが非常に強い快感を生み出します

さあ・・ここまで十分にネクサス・レボ・ステルスWPを堪能したら、いよいよスイング機能をスイッチ・オンしましょう。

今までにない強力な刺激が身体全体を支配します。

アナルにバイブを挿入して感じまくっている自分に酔いしれましょう・・

さらに内ももをギュッと締めてみましょう
直腸内が収縮されて、スイングの刺激が更に増し快感が一気に増幅します。

ここまで来たら、身体は小刻みに震え、膝立ちで立ってられないほどのメスイキ快感の中にいるハズです。

最後はアンアンと感じながら乳首とペニスを同時刺激し「射精」しよう

十分にメスイキを堪能したら、最後は女性が潮吹きながらイク事を想像しながら「射精」してみましょう。

射精しても賢者タイムは無く、非常に大きな多幸感と満足感に包まれます。

今回はネスサス・レボ・ステルスWPを使ったメスイキのやり方紹介でした。

私も実際に使用していますが非常に良いアナルバイブです♪

興味のある方は是非利用することをおすすめ致します。

こひらもご参照下さい。

「前立腺バイブ比較」はこちら

最後まで読んで頂き誠にありがとございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次