【メスイキ体験談2】アナニー日記 ロリ妄想でメスイキ

今回のメスイキ体験談は、「ロリ妄想」でメスイキです・・ アネロス・ネクサスレボステルスWP・ディルド利用によるアナニー好きでロリコンなんて救いようのない私の恥ずかしいアナニー日記でございます。

貴方様のアナニー妄想の「ネタ」になれば幸いです・・

目次

アナニー日記妄想コンセプト

今回のアナニー妄想のコンセプトは

「母に売られた娘」

JS6からJC1位くらいの年齢で、第二成長期の女の子になりきります。名前は「幸子」
性格は真面目 見た目も茶髪等派手さもなくどちらかと言えば地味めな女の子です。

エッチの経験や知識も殆どありません。

こんな少し性に興味があり、第二成長期の地味目の女の子がどのようにメスイキしていくか・・

非常に楽しみですよね

それでは妄想アナニー日記行ってみましょう

エピローグ:母清美と男との出会い

幸子の家庭環境は母一人でいわゆる母子家庭である。母の名前は「清美」

裕福ではないが、大きな問題のある家庭でも無い
幸子にとっては幸せな家庭であった。しかし、母である清美は「大のパチンコ好き」であった。

最近、母「清美」はパチンコの負けが続いており金銭面で苦労していました。

今回も負け込んで軍資金もあと僅か・・

清美:「あぁ・・」もうお金が尽きる・・
どうしよう・・

清美は悲壮感を漂わせながら、残り少ない軍資金を手元にパチンコを打っていた。

そんな時だった、ある一お人の男が清美に声を掛けてきた。

男:お姉さん 結構お金入れてますね~
もうそろそろ「軍資金」無くなるんじゃ無いですか?

清美:そうなのよ 今月も結構やばくて・・後少し粘れば「大爆発」しそうなのに・・・

男:もう少し勝負します? 貸しましょうか「一万円」 これがきっかけで「4万発」の一発逆転もあるかもですよ。

清美:そんな・・見ず知らずの人からお金なんて借りれないわ・・

男は笑顔で清美に言った

男:たった一万円じゃないですか。すぐ返せますよ。もしかしたら大逆転あるかもですよ。

清美:すみません それではお言葉に甘えて お借りいたします。

清美は男から1万円を借りた・・・

男から借りた1万円は約30分で無くなった

清美:「すみません・・せっかくチャンスを頂いたのに負けてしまいました」

男:あちゃ~やはり1万では足りませんでしたか・・ やはり心に余裕が無いと中々勝負事は勝てませんもんね

清美:借りたお金はお返し致します。どうすれば良いですか?

清美は男にお金の返済方法を尋ねた。

そうすると男はこう言ってきた。

男:ご提案ですが、もう少し融資しますよ。1万とは言わず、貴方の希望する金額をできる限り
もう一勝負いきませんか?まだまだ万発出れば逆転出来ますよ。

清美:なぜ私にこの様な話を持ちかけるのですか?まさかとは思いますが「身体目当ての融資」ですか?と清美は男に尋ねた。

清美は男が「身体目当」のパチンコ店専門の金貸しと疑ったのだ。

男:確かに返済のアテも無い人に、お金を貸す人は怪しいですよね。こちらも融資には「条件」があります。条件を言って良いですか?男が言った。

男の条件は以下の内容であった。

「貴方の娘である幸子さんをモデルとしてお借りしたいのです」

「モデル」です。私の美術活動のモデルとしてお借りしたいのですと男は言った。

もし、モデルとして協力頂けたのなら10万円差し上げます。

どうしょうか?男は清美の返答を待った。

清美は予想外の提案に少し戸惑った・・

私の身体目当てと思っていたら、娘をモデルとして貸して欲しいと・・

モデルで10万円・・

清美は男に尋ねた

清美:「モデルの内容はどの様な内容なのかしら」

男:私、アニメコスプレが趣味で理想のアニメキャラクターのモデルをずっと探していました・・
たまたま、貴方母子を見つけたのです。
一見 普通の少女である幸子さんは、私から見たら「ダイヤの原石」なのですよ。

男は続けて言った・・

男:モデルになってインスタ等SNSでバズれば人生が大きく変わるかも知れません。最近は一般人でもネットの影響で多額のお金を手に入れる事は決して珍しくありません。

清美は一瞬考えた・・・

身体目当てでは無い・・ モデル・・ 昔と違い今のアニメはいわゆるキモオタクだけで無く一般の人にも高く評価されている・・

SNSでバズれば・・新しい収入源になるかも・・
幸子もアニメ好きそうだし

考えをまとめた清美は男に答えた・・

清美「よろしくお願いします」

清美はその場から携帯電話で幸子に連絡してパチンコ店まで来るように言った。

数分後・・幸子はパチンコ店までやってきた

清美と男は一旦パチンコ店を出た。

そして母である清美は娘である幸子に言った。

清美:幸子・・私はこの男の人と幸子を「モデル」にする約束をしたの。アニメのキャラクターにコスプレしてもらいたいそうよ。

良かったわね。楽しそうじゃない。

お礼も頂いているから、この人の言うことをきちんと聞いて言うとおりにするのよ

清美は一方的に幸子に内容を話した。

幸子は母清美の一方的な言い方と元々おとなしい性格から首を立てに振る事しか出来なかった。

こうして男と母清美よる、幸子のモデル契約は成立した。

男は幸子の前で母である清美に10万円を手渡した。

清美は幸子に「頑張ってね ちゃんと言うこと聞くようにね」と言ってパチンコ店へ入っていった。

男は幸子に話しかけた。

男:「大丈夫 怖くないからね。アニメの格好をして写真撮影するだけだから・・。幸子ちゃん自分で気づいてないかも知れないけど、とても可愛いんだよ・・」

大人の異性から「可愛い」と言われた幸子は照れながら頭を下に向けた。

男:さあ幸子ちゃん 今からスタジオに行こう。

幸子は男の車に乗り込み 男は車を発進させた。

男と幸子

車で約10分程移動すると、スタジオに到着した。

スタジオとは名ばかりでそこは男の家だった。

約10分間程度であるが、男の優しい口調とアニメの話で幸子は男に心を開きつつあった。

部屋に入ると男は言った。

男:「さあ、あまり時間が無いから素早く始めるよ。幸子ちゃん コレに着替えて」と言ってセーラー服を渡してきた。

男に渡されたセーラー服に着替えた幸子は着替え終わった事を隣部屋にる男に伝えた。

男は「幸子ちゃんかわいい!!」とべた褒めしながら写真を撮りだした。

男はポーズの指定をしてきた。

なれない幸子であったが、出来るだけ期待に答えようと頑張った。

写真モデルの依頼に慣れてきた幸子はすっかり男に気を許していた。

男は「次は囚われたお姫様をイメージしよう」と言った。

それから男は幸子の腕を後ろ組にして縛り出した。

幸子は演出の一つと思い抵抗せず男に縛られた。

数枚写真を撮った所で男の雰囲気と言葉が変わり出した・・

母に売られた事にされてしまう幸子

おまたせしました。ここから私と幸子がシンクロしていきます。あーもうアナルがヒクヒクしてます。

今まで優しい柔らかい口調の男だったが、幸子の自由を奪うことに成功した男の態度が一変した。

男:「幸子 オメーはあのパチンコ狂いの母に10万で売られたんだ。今から俺様の言う通りにしろよ。母親も言ってたよなぁ この人の言うとおりにね♥とよぉ」

1000万で貧困少女を買う話 ー犬系少女編ー

幸子は男が怖くてただ怯えるだけだった。

男は幸子に手をかけると服を脱がし始めた・・

幸子:「いゃ・・やめてください・・」

男:「うるさい 抵抗するなよ 言うとおりにしろ」と言って幸子の顎を指で挟んだ

恐怖に怯える幸子は黙って抵抗することをやめた

幸子の上着を脱がして行く・・

幸子はブラはつけてないが、1○歳平均より少し膨らんだ乳房が姿を現した。幸子の白い肌と淡いピンクの乳輪と乳首・・そして未発達な乳房は男を興奮させた。

幸子は恥ずかしくなり手で隠そうとするも、縄で縛られているので隠すことは出来なかった。

上半身が裸になった、恥ずかしい幸子の姿を写真で数枚撮影した後、男は

男:「嫌がったり 他人にこの事を言うと、この写真をばら撒くからな・・」と低い声で幸子に言った。

次に男はスカートを脱がし始めた・・

抵抗するなとは言われたが、流石に下半身となると話しは別だ・・

幸子は足をバタつかせ下半身の衣服を脱がされる事に抵抗した。

男は「幸子!」と強めで言い 頬を軽く叩いた後にその未発達で硬めの乳首を強くつまんだ

幸子は「痛い!!」と言い 男に乳首を摘まないでと懇願した。

男は「言うことを聞くか?」と聞いてきたので
幸子はハイと小さな声で答えた・・

スカートを脱がした男はいよいよ最後の砦である幸子のショーツに手を伸ばした。

恐怖で支配された幸子は、抵抗せずに男のされるがままにショーツを脱がされた。

現れた幸子のお股はまだ、毛の生えてない一本線の縦筋のあるきれいなお股だった。

ここでアナニストの私は、すべての衣服を脱ぎ幸子になりきるべく妄想していくのでした・・

汚れの無い幸子の純真無垢な幼い身体に男の調教が始まる

ディストーションファーザー

一糸まとわぬ裸の姿になった幸子を男はじっくりと鑑賞していた。

一通り裸である幸子の撮影と鑑賞が終わると男はおもむろに幸子のお股を触り始めた。

毛の生えてない、まだ未成熟な女性器をゆっくりさすりながら男は幸子に聞いた・・

男:「ここを自分で触った事ある?」

私も自分の亀頭(ペニクリ)を優しく愛撫致します。

幸子は黙っていた

男は質問に答えろと言い、幸子の未発達な乳首をまた強くつまんだ

幸子は「痛い」と叫び すみませんと許しを懇願した。

幸子は「ありません・・」と小声で答えた。

男は言った

男:「女のお股がどれだけ気持ちいいか 俺が教えてやる」

男は立ち上がると、いくつかの機材を準備し始めた。

幸子は見たことの無い機材を目の当たりにして、コレが自分に使われると理解した時、恐怖を感じた。

私もアネロスやディルドを準備致しました

男はローションを手につけると幸子のお股を開き、一本線の女性クレパスに沿って優しく愛撫し始めた。

幸子は初めての経験による恐怖から、身を固くしていたが、徐々に何か変な感覚を感じていた。

私もローションを手に塗りアナルを優しくマッサージです。

男は幸子のお股にある「お豆」を重点的にローションマッサージをした。

幸子は最初は嫌がったが今は初めて体感するクリトリスからの快感に身を任せている。

ローションで十分に幸子の未成熟な女性器が潤ったのを確認して男は幸子の膣口を優しく愛撫した。

最初は指を入れずに、ゆっくりゆっくりと幸子の幼くて綺麗な膣口を愛撫していく。クリトリスも同時にゆっくりと時間を掛けて男は愛撫した・・

私もゆっくり時間を掛けて、アナルマッサージとペニクリを愛撫致しました・・

幸子は目をつぶって身を任せている・・

恥ずかしいから目をつぶっているのか・・初めての性的快感に身を余だねているかは、表情からはよくわからない・・

幸子の膣口をゆっくり時間を掛けて愛撫した後は少し指を幸子の膣内に入れてみた

時間を掛けて膣口をほぐしていたので、わりとスムーズに男の指が幸子の膣内に入った。
第一関節の半分くらい挿入した所で、幼い幸子の膣への挿入はやめて、ゆっくりと膣を解すのだった。

私もアナルへ指を挿入してアナルを解していきました・・

男は約5分間程、幼い幸子の膣を軽く解すと今度は指を第一関節まで挿入させた・・

ローションをたっぷり塗られまた入念に解された幸子の膣は男の指を抵抗無く飲み込んだ。

指を挿入後しばらく動かさずにしていると、幸子の膣内が自然に動き出す。男の指のあたりドコロによっては幸子は「あっ」と軽く声を漏らした。

私も、指をアナルに全挿入後 指を動かさず直腸の蠕動運動を指で感じたわ♥前立腺に当たると思わず声がでちゃう・・

男は指を幸子の膣内に挿入後決して動かさず、幸子の未発達の幼い乳首を今度は優しくタッチした・・

すると、幸子の膣がキュンと締まる感触が男の指に伝わった・・・

私も、指をアナル挿入後ペニクリを軽くタッチするとキュンとアナルが締まったわ♥

乳首をタッチ後、幸子の膣が締まった時に指の当たりドコロがよかったのだろう・・幸子は「あっっ」と性的快感を感じた時に発する声を漏らし出した。

男は今まで幸子の膣内挿入後、動かさなかった指をゆっくりと動かした。

男はGスポットと言われるところも刺激しだした。

男の指がGスポットに当たるたびに、幸子は感じているようだ・・今も目をつぶっているがこれはもう快感に身を余だねている状態であることは間違いなかった。

男は「指での愛撫はもういいだろう・・」と言うと、白いプラスチック状のスティックを幸子に見せた

男:「今からコレをお前のお股に入れる」
指より太いが我慢するんだよ・・

そう言って男は幸子の膣口に「アネロスMGXトライデント」をあてがった。

未体験の膣内への異物挿入に幸子は恐怖したが抵抗する術はなくただ男に従うしかなかった。

アネロスMGXトライデントは男の指より太さはあったが、アネロスがスベスベとした素材であるのとローションでしっかりと解されたおかげで、幸子の幼い膣は抵抗なくアネロスMGXトライデントを呑み込んだ・・・

私も、自身のアナルにアネロスMGXトライデントを挿入しました・・

幸子は初めての異物挿入による、下腹部の圧迫感に違和感を覚え、身体に悪い事では無いか?と恐怖し、男に「抜いてください」と懇願した。

男は幸子の「抜いてください」と言う懇願は無視して、幸子のぷっくりと小さく膨らんだ乳房をさすりながら、乳首にキスした。

乳首にキスした途端、幸子の膣はキュンと強く締まり、アネロスMGXトライデントも自動的に幸子の膣内奥に呑み込まれる。

その時だった・・幸子は「ああっっ・・」と今までにない大きな喘ぎ声を出した。

私も、アネロスMGXトライデントを挿入後、乳首を軽くタッチすると、アナルが締りアネロスを深く飲み込むの・・コレが超気持ちいいの・・

男は、アネロスMGXトライデントを幸子に挿入して乳首を一回キスした以外は何もしなかった・・

何もしていないのに幸子は「あっ」「あっっ」と感じている

実はアネロスは逆に触らなかったら膣の自発的運動で勝手に動くのだ・・しかも自動的に動きながら幸子の感じる所をピンポイントに刺激していた。

私も、アネロス挿入後じっとしていると勝手にアネロスが気持ちいいことしてくれるの・・アネロス初心者の方への格言「アネロスを手で動かすのは慣れてから」幸子ちゃん気持ちいい??私も気持ちいいわぁ~一緒に悪い子になっちゃいましょう。

男は幸子に近づき、アネロスMGXトライデントを膣内に挿入したまま、幸子の乳首とクリトリスを同時に刺激した。

その強い刺激により、素朴でおとなしめの幸子が「あっ」「アン」と大きめの声で喘ぎ出した。

アネロスMGXトライデントもセルフで動いていることが外からも確認出来た。

男は一定のリズムで幸子の乳首とクリトリスを刺激していった。

数分後、幸子は「あっっ 」と言って腰を浮かせたあと、身体をビクンビクンを引くつかせた後、うなだれた。

幸子はアネロスMGXトライデントの膣内挿入と男の乳首・クリトリスの同時愛撫で「イッた」のだった・・・

私も、アネロスMGXトライデントを挿入後、幸子ちゃんとシンクロして、乳首と亀頭(ペニクリ)を愛撫したわ するとアネロスMGXトライデントが私の前立腺を刺激してくれて、勃起も射精もしないのに、身体がビクンビクンとして幸子ちゃんと同じようにメスイキ出来たの♥

甘美少女

アネロスMGXの詳細はこちら

アネロスMGXトライデントでイッたその次は・・・

初めて「イッた」経験をし、ぐったりと倒れ込んだ幸子を男は起こすと、今まで幸子の自由を制限していた縄を解いた。

男は幸子に「まだこれからが本番だ」と言った

男は幸子の膣からアネロスMGXトライデントを抜き取ると

男:「次はコレを挿れる」とアネロスプロガスムアイスを見せた・・

見た目はクリスタルで非常に綺麗なのだが、先程まで挿入されていたMGXトライデントと比較すると倍近い太さを見て、幸子はまた恐怖した・・

男は優しく、幸子にお股を開くように指示した・・

幸子は素直にお股を開いた・・・

MGXトライデントは挿入出来たが、幸子の女性器はまだ未発達で通常の状態では縦線1本の状態であった・・

男はアネロスプロガスムアイスにタップリのローションを塗ると、幸子の未成熟な一本線の女性器にあてがった。

私も、自分のアナルにアネロスプロガスムアイスをあてがいました。

男は幸子の膣に少しづつアネロスプロガスムアイスを挿入し始めた。最初は良かったが先端1.5cmくらい挿入した先で、幸子が「痛い」と叫んだ

慣れない内のプロガスムの挿入は、きついのよね
でも、コレ気持ちいいデバイスなのも確か
私もゆっくりと自分のアナルにプロガスムアイス挿入するわ

男は挿入は止めたが、抜くことはしなかった。

数十秒おいて男は挿入の続きを再開した。

プロガスムアイスの太くて角度のある先端が、幼い幸子の膣口をこじ開ける・・・

幸子は「痛い」「痛い」と言ったが、男は挿入を止めずに続けた・・

ゆっくりとしかし確実に幸子の幼い膣は、アネロスプロガスムアイスを呑み込んで行った・・

挿入が完了した・・痛いのは無くなったようだがお腹の圧迫感が凄いようだ

幸子:「お腹が・・ どんどん入ってくる・・ 苦しい 抜いてください・・」

幸子は男にプロガスムアイスを抜いて欲しいと懇願するもまた男は聞く耳を持たず、アネロスプロガスムアイスを腟内挿入された幸子を見ていた・・

プロガスムアイスが幸子の膣内で馴染んて来たのか、幸子から「抜いてください・・」と言ってこなくなった

男はまた幸子に寄り添い、幼くも膨らんだ乳首とクリトリスを愛撫しだした

幸子は「あっ」と言うが、先程のMGXトライデントの時と比べると、感度が悪そうだ・・

多分、デバイスが太すぎて快感より苦しみがまだ上回っているのだろう。

男は、幸子の膣がプロガスムアイスをスムーズにピストン出来る事を確認した後に抜いた・・

プロガスムアイスも気持ちいいだけど今回は幼い女の子にシンクロしているので、感度が悪いのかな?こんな時はネクサスレボステルスWPを挿入よ♥

マスク少女にいたずらしてみた。

アネロスプロガスムの詳細はこちら

バイブ付きのネスサスレボステルスWPを挿入

男は幸子の膣からプロガスムアイスを抜いた。

よほど苦しかったのだろう・・

幸子はプロガスムアイスを抜いた途端に大きく倒れ込んだ

男は黒い挿入物を準備しだした。

太さは先程のプロガスムとほぼ同等と言ったことろだ・・

男は幸子の膣に、その黒い挿入物を挿入しだした。

先程、プロガスムアイスを呑み込んだ幸子の膣はネクサスレボステルスWPと言われる黒い挿入物をスムーズに呑み込んだ。

しかし、太さは先程のプロガスムアイスとほぼ同等である。しかも、今回のネクサスレボステルスWPは先端の角度がきつく、圧迫感は先程のプロガスムアイス以上に感じられた・・

男は幸子にネスサスレボステルスWPを挿入後膣に馴染むまでじっと眺めていた・・

私も、ネクサスレボステルスWPアナル挿入完了致しました・・太くて気持ちいいです・・ ペニスの先から少し精液が垂れ出ています・・ああっ気持ちいい・・・

男は手に「リモコン」を持っていた・・

男はリモコンのボタンを押した・・・

ブィーンとモーター音が微かに響く、幸子は「あっっ」と大きく感じ出した。

男のスイッチにより、ネクサスレボステルスWPのパイブ部分が激しく振動し、その振動は幸子のクリトリスをピンポイントで刺激した。

私もレボステルスWPのバイブをスイッチ・オン
バイブ振動が私の開陰部を刺激して超気持ちいい

男は幸子に寄り添い、乳首をゆっくりと刺激した。

男が乳首にタッチする度に、幸子は「あっぅ」と強く反応する・・

乳首・バイブによるクリトリス刺激・膣内のGスポット刺激

幼い1○歳の地味少女が、3点を刺激されてメスの感じ方をしている

私も、乳首・開陰部・前立腺 3点攻めでもうメスイキしそうです・・・

幸子は「あっ」「あっぅ」と身体を反応させながら性的快感を感じていた。

男がリモコンのもう一つのボタンを押した・・

ウィーンと微かにモーター音がしだした。

「ああっっ」「やめてください」と幸子が大きな声で喘ぎ声と同時にやめてくださいと男に懇願してきた。

男がリモコンのボタンを押したと同時に、幸子の幼い膣内でネクサスレボステルスWPの先端が「スイング動作」しだしたのだ・・

太い挿入物が、幸子の幼くて小さい膣内で暴れている。

幸子は「あっ」「あっっ」と声を出し、快感と苦しみの両方を味わっていた・・

男は、乳首を刺激しだした。幸子の幼い乳首であるが固く勃起しいる。

男は、乳首の刺激と同時にネクサスレボステルスWPを手で掴み、挿入角度を変化させた。

幸子の膣内でネクサスレボステルスが気持ちいいスポットに当たると大きく反応した。

幸子が「あっぅ」「アン」「アン」とメスの様な声を出しながら身体をビクンビクンと反応させた。

最後は「あーーっ」と言いながら大きく身体をビクつかせて、お股からは「おしっこ」がピュッピュッとこぼれ出だした。

私も、ネクサスレボステルスの破壊的快感によりおしっこの代わりに射精しながらイキました・・

幸子は幼い身体で、アネロスMGXトライデント・プロガスムアイス・ネクサスレボステルスWPを受け入れ、愛液・小水と体液を出し尽くし、ぐったりと横たわっていた。

男は言った

男:「今回はこのくらいにしておく・・」
「次もモデルの仕事を母親にいらいするからな・・」

幸子はただ静かに横たわっていた・・・

NEXUS REVO STEALTH(レボ・ステルス)WPの詳細はこちら

今回に日記はここまでです。
自分の妄想イメージと実際のアナニープレイをリンクしてみました。
長文最後までお読みいただきありがとうございます。

内容はすべてフィクションです。私の中学生レベルの妄想です。あしからず・・・


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次